顧問サービス

on 2015-01-11 (2 years ago) by 石橋秀仁

これまでに培ってきたサービス開発のノウハウを提供しています。遠隔(リモート)でのサービスも可能です。

対象とするクライアント像

主なクライアントは、起業家や、大企業の新規事業開発チームです。

いずれも「イノベーティブな価値の創造に取り組むチーム」という点は同じです。

そういう意欲的なクライアントからの依頼を好んでいます。

サービス提供のスタンス

「アドバイザリー・サービス」といっても、私が知っていることを一方的にお伝えするだけではありません。

むしろ、クライアントの話を丁寧に聴いたうえで、その本質的問題を抽出し、一緒に考えていきます。

そのためのセッションでは、議論、助言、コーチング、ワークショップなどを使い分けています。

サービスの領域

構想のお手伝い

「社会変革」のレベルで事業を構想するお手伝いをします。人類史的なスケールと、哲学的な深さで事業を構想し、事業の可能性を最大化するための議論です。事業家のパートナーとして、このレベルで議論できる人物はそうそういないと自負します。

  • 事業理念のデザイン
  • 設計理念(デザイン・コンセプト)のデザイン
  • 価値訴求(バリュー・プロポジション)のデザイン
  • 公共性(事業の社会的な価値、存在意義、公共善)に関する議論
  • 自社を大きなエコシステムの中に位置付ける議論 1
  • 技術やデザインのトレンドと事業機会についての議論

プロセスのお手伝い

  • 仮説検証の計画(リーン・スタートアップ) 2
  • 実証的デザイン・リサーチ(リーンUX)
  • プロジェクト管理、ディレクション
  • プロトタイピングのための手法 3
  • 開発投資計画・リソース配分 4
  • 組織づくり・能力開発 5

設計のお手伝い

  • サービスのユーザーにとっての意味(メンタル・モデル)
  • シンプルなユーザー・インターフェイスのデザイン 6
  • 専門知識にもとづく改善提案(ウォークスルー評価)
  • ユーザビリティ・テスト
  • 検索エンジンなどの「ロボット」にとってのマシン・リーダビリティ
  • 多様なデバイスで利用できるアクセシビリティ(WCAG2.0、WAI-ARIA)
  • 多様なデータ流通を促進するリンクト・オープン・データ(RDF)

ワークショップのお手伝い

上記の領域に関して、各種ワークショップのファシリテーションができます。

ワークショップは、チーム・メンバーのコラボレーションを通じて創造的な解決策に至る手段であるだけでなく、チームの合意形成や、チーム・ビルディングや、チーム・メンバーのコミットメント向上といった効果にもつながります。

ご参考

お問い合わせ

まずはメールでお問い合わせください。